結婚と夫婦の相性と日常生活の意味

結婚をする場合には、結婚前に付き合いをして相手を見定めることになります。
恋愛でも見合いでも、それは変わりません。
しかし、相手をよく見て結婚をしたのに、世の中ではうまくいっている夫婦が意外に少ないのではないかとも見えます。
感覚的な割合としては不平不満があるということを含めると、本当にうまくいっている夫婦は2割から3割ぐらいではないかとも見えます。
どうしてそうなるかということですが、色々な理由があるとしても、相手を見誤ってしまったということは確かにありそうです。
そのパターンとしては、相手を理想化してしまうということがあります。
恋愛などでは特にそうなりますが、恋をする場合でも相手の現実の姿ではなく、自分の理想像を相手に投影して、その理想化した相手と付き合っているという感じもあります。
しかし、現実に夫婦生活をしてみると現実と違うので、そのギャップに悩みます。
外面的な条件が整っているとさらに錯覚をしてしまいます。
その点が注意点かもしれません。

Copyright結婚 All Rights Reserved.

結婚